『ジプシー』(ジュール・ブロック・訳 木内信敬 クセジュ文庫528 白水社 1974年)

 私が知っているジプシーは、共同生活をする小さな集団で移動する、というものだったが、映画『ジプシーのとき』(エミール・クストリッツア監督、ゴラン・ブレコヴォッチ音楽 1990年)を観る機会があって、それを観に出かけて行ったあとは、自分の知識が追認された他にドキュメンタリーのごとき、リアルな映像に圧倒されたのを思い出す。

多分、その際に映画のサウンド・トラックを聴き、本書を買って来たのだろう。

 さて、本書を読むと大変、几帳面な資料集というのが、第一の特徴。著者は、未知の集団、つまりシプシーに対して、言語学の知見による分析を試みることから始め、その先で戦後発展した社会学の方法で本書を進める。

 社会学の方法と言っても著者は、その学者ではないから、飽くまでもジプシーに関する著作、記録の収集分析にとどめ論を閉じている。ともあれ、ジプシーという集団の事実を知るには、格好の本である。現在に読めば、社会の近代化の過程のレポートとして読むことが出来る誠実さが美しい。

 それにしても、『ジプシーのとき』以後の“バルカン・ミュージック”の世界的な隆盛の波を、この店は喜びを持って被ったのはラッキーであった。かける音楽の地域がヨーロッパに移った時期でもあった。


 ちなみに、そのヨーロッパの名を冠したアルバム『モノリス・エウロパ』(ミティ2001年)を当店40周年記念盤として、去年から売っています。「よい」です。


[PR]

by ihatobo | 2018-06-15 09:24