『デ・シャンは語る』(マルセル・デュシャン 聞き手 ピエール・カバンヌ ちくま文庫)

 マルセル・デュシャンの名は、学生の間で特に美術に関心がなくとも囁かれた名前で、私もことある度に目を止め、書かれたものがあれば読んでいた。振り返ってみると、美術系の評論家から美術家、画廊主、画材屋店主から一般の教師、メディア関係者から、その名を聞いていた。

 仲間内でも、何かを創作している友達には人気だった。デュシャン自身は絵描きだから、発言はほとんどないが、美術雑誌などに連載された彼の作品を短く説明する文(キャプション)にまで私達は注目した。

 本書にあるように、聞き手のピエールは冒頭で報告している。デュシャンの発言は、

 ―― 今まで彼は、1946年および1956年にJJ・スウィーニーと、そして1961年にBBC放送でリチャード・ハミルトンと対談している。―― 

とだけだった。

 彼は書く、「(以下の対談は)ひとつの驚くべきモラルの教えとなっている。」と。そのすぐあとで、デュシャンの発言を伝えている。

 ―― 「将軍たちが馬で、死ななくなってからというもの、

      絵描きも画架の前で死ななくても、よくなったのですよ。」――

 私たちは若者である事もあって、自信が無かったからかも知れないが、大切にしているモノやコトに関して、口を開くことは少なかったし、特に倫理には敏感だった。

 当時の私たちに、それがヒットしたのだろう。何をするにしても、デュシャンのコトバが頭に浮かんだ。今、振り返れば把握するまで読まなくとも、ことあるごとにデュシャンを理解していると思えたのだ。

 本書も再読だが、その当時から、ずっと読んでいた気持ちになった。字面を追うだけでも、大変面白く楽しいが、コトバを覚えれば、少なくとも創作に関しては、根処を持って分かるようになるはずである。

 ジョン・ケージの「偶然」も、デュシャンに依っているらしい。


[PR]

by ihatobo | 2018-05-25 09:12