人気ブログランキング |

『言語学の教室』#2

 前回、仕事場でのコトバ使いには気をつけている、ということを書いたが、このコトバのゆきちがい、誤解の生じるプロセスが、本書で詳しく語られている。
 それは、西欧で古くから議論されている修辞学で使われるメタファー(隠喩)とメノトミー(換喩)に関わるやり取りである。
解説なしでいきなり引用すると、
ー(意味の変化と構文の変化が)共有されるフレームの中での焦点のシフト、という同じ原理で生じている。
何のこっちゃ、と思うだろうが、実にコレが仕事場でのコトバのトラブルの<モト>なのである。
「意味の変化」はコーヒーを淹れる場合、「湯の温度を90℃前後、あるいはちょっと低く」というレシピが実際に記述されて、店に置いてあるのだが、この段階だけでも新人には「意味が変化」してしまう。
 そこで、研修の現場では①湯ポットを火から降す ②豆をグラインドする(2〜30秒かかる) ③カップをふいてフィルターをセットし豆を入れる ④一回目を500円玉くらい注いで20秒むらす、二回めも同様に。 ⑤やっと湯を注いで抽出する。
実際はもっと細かいのだがレシピには以上が記されている。
で、意味によって「構文も変化する」というのは、以上のレシピだと、とりあえず考えてかまわない。
 さて、その後の「共有されるフレームの中での焦点のシフト」を逐一研修の現場で起っているトラブルと比較、分析するのは一苦労なので興味のある方は、当店で研修を受けていただくか、想像しながら本書を読んでいただくと合点がゆくと思う。

 「その共有されるフレーム」とは都市部に喫茶店(カフェ)が、いつ、どこで、どのように成立して来たか、という歴史的な事柄。更に、コーヒー豆の産地、コーヒーの樹の種類、と続き、私の店にやってくるまでの諸々のレシピの実行によってお客様のテーブルに運ばれるまでを含む。そう記述すると、こりえらいこっちゃ、ということになるのだが、仮にここでお客様の前に運ばれたコーヒーを「焦点」とすると、もう一度はじめに戻って・・・ということになる。
つまり、お客様をもてなすということを「焦点」とする・・・ということになる。(つづく)

 今回の積ン読は『2011 危うく夢見た一年』(スラヴォイ・ジジェク)他。

by ihatobo | 2013-07-31 22:19 | 本の紹介