<   2017年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

『定本麿赤児 自伝』(中公文庫)

 節分の頃に、若竹の如くグングンと陽が延びるのに比べれば、秋の陽は早々に暮れる。当然、夜明けも遅くなり、鳥が鳴き始めるのも遅い。一日のリズムが変わる季節である。どこからか金木犀の香りが漂うのも最近かである。

 さて、本書は1943年生まれ、私よりも5歳年長の舞踏家、俳優、作家である。私の若い頃は、この世代の活躍が伝わって来て、興味津々だったが怖くもあり、面々の芝居や映画、絵、現代詩/音楽など、それぞれ12回ずつ観に出掛けている。


 花園神社、アート・シアター、文芸坐、数々の個展、いづみ画材店、世界堂、音楽喫茶風月堂、らんぶる、ウィーン、池袋コンサート・ホール、銀座月光荘、佐作画廊…などなど。

日比谷で、『ラスト・タンゴinパリ』(ベルトリッチ/マーロン・ブランド/ガトー・バルビエリ 1972年)を観たのも、この頃。著者は“純朴そのもののオレが…”と書くが、私にはカッコイイとしか見えていなかった。

何を基準に、あんなクネクネとステージを這い回っているのか、さっぱり掴めなかった。それでも終りまで見て帰ったわけだから、理由は定かではないにしろ、魅きつけられ、感動していたのだろう。

ともあれ、著者は、その事情も分かっていて訥訥と書いている。こちらから眺めれば、狂乱乱舞でも本人は舞台の構想を練り、体調を整え、リハーサルして本番へと進むために、そのいちいちを確たるものにしていく。


 その途中で争いがあり、警察沙汰になっても純朴な彼は言い訳せず、開演時間に合わせようと専願する…と本文を読んでほしい。結局は、間に合わなかったのである…。サスペンスやミステリーよりも面白い。

 前回に続いて、『東洋的な見方』その3を書こうと思ったが、本書は出たばかり(8/25)で手に入りやすいので、取り急ぎ、紹介しておこうと思った。安価だし。
 次回は、その3に挑戦して、結びとしたい。



[PR]

by ihatobo | 2017-09-29 09:51

『東洋的な見方』その2(鈴木 大拙)

「不立文学」以前に私をパニックに陥れたのは、「父母末生以前の本来の面目」で、これは父と母が生まれる以前の自分を想ってイメージしてごらん、という公案で考えようがない。公案とは、禅の修行の間の中間試験のようなもので、ある段階を、造ってゆくのだ。
 イジワルである。考えようのない問いに応えようとして、修行は進む。大体、お分かりと思うが問いに正解はない。問題が、ない訳だから…。
はぐらかされているように感じるが、そこは著者がフォローを入れている。

 ――― 思索家は、いつも外にいて、すなわち、客観的態度なるものに、習慣づけられているので「思い切った」という心に、なりえない。 そこに禅底と一般哲学者との間に、越えられぬ障壁が立っている… ―――――


 と書いて、ギリギリ自ら解説をしている。力業である。世界的見地から禅の独自性を、表現したかったのだろう。力こぶが入っている。

 前回、触れたように、禅とジャズについて次回に触れて、本書の紹介を締めくくろう(から逃げ出そう)(苦笑)。


[PR]

by ihatobo | 2017-09-22 09:22

『東洋的な見方』(鈴木 大拙 1963年→97、01年、2017年 角川ソフィア文庫)

 禅に関しては、遠巻きにして、解説の類は見て見ぬふりをしていたのだが、『禅的生活』(玄有宗久 ちくま新書)を読んでから、禅僧の修行/学びの過程を描いた「十牛図」や禅句集を徐々に眺めるようになった。

 本書はそのなかで、分りやすさでは群を抜いていて、『禅とは何か』と共に読んでみたい、と思ってきた本である。

私の若い頃は、海外の要請もありブームが起こり、「前衛ジャズ」のゲーリー・ピーコックなど、京都にやって来て参禅、アメリカのヒッピー文化の担い手たちもやって来ては、ライブ・ハウスを造るといった状況を呈した。

東京の田舎者たる私も、京都へ度々、出掛けた。2月に亡くなった清順の「東京へ」である。弟などは学校を京都に決め、下宿生活を送っていた。彼は将棋を趣味とし、暗かったが、今、生きていれば、若い棋士の活躍を喜んだであろう。


さて、本書の分りやすさは、著者がその外国暮らしをしながら、禅の普及に努めたから。禅の難解な用語も英語になると、その機能性を発揮して、大変馴染みやすくなる。例えば本書冒頭に出てくる、「物がふたつに分かれてからの~」にダイコトミィのふりがなが、ふってある。

これは事実を基にした、西欧の文化(科学)に対抗する、東洋の基底を証明する件で使われるが、「咲兆未分以前」が、それに当たると著者は、あえて説く。

つまり、“dichromatic(二色の)以前の色ということは、何色?”というのが、論の進め方である。めんどうくさい。短気の人は、「あぁ、もういい」ということである。dialogic(対話)も禅の世界では、自分の中の対話となる。さみしい。

 それを以って、禅ダイアログという言い方も出てくる(24P)。その単独の上に、禅は成り立っている。(天上天下唯我独樽)

 ともあれ、私が禅に魅せられるのも、「不立文字」からである。コトバ少なく静かで、黙っている。宮澤賢治のようではないか。あ、順番が逆か。いや、それもそれで、いいか。


 矛盾やら、誇張やら、放言やら無意義の文字などで、充たされているのが、「禅録」なのである。

 また次回に…





[PR]

by ihatobo | 2017-09-15 08:59

『コリン・ウィルソン音楽を語る』その2(河野 徹・訳 富山房 1964、67→1970年)

 ジャズについて述べられたあと、第7章はディーリアスという作曲家について書いてゆくのだが、ここでも、文芸作品と比較しての立論になっている。文芸作品は小説もあるのだが、大半が詩、評論で、ジョイスの『ユリーズ』や戯曲もあり、全体としては散文。

シェークストピア『テンペスト』の他、戯曲もあり、ラブレーやディケンズなど故国の大御所たちが並ぶ。


 本書著者のコリン・ウィルソンの真面目、几帳面さが全体に出ていて安心が出来る。前半に「ロマン派」から「現代音楽」へ、いきなり跳ぶのだが、それはいわば布石であって、上記の第
6章を曲がり角として最終章「アメリカの音楽」で結ばれる。

要は、本書が描かれた1962年時点でのモダーン期の発展を追った歴史書である。もっと端的に言えば、ポップス(ポピュラー音楽)の源泉を探しての歴史書ともいえると、私は思った。

その最終章は未読だが、ジョン・ケージについての記述もあり興味深い。また次回に、詳しく読んでみたい。そのなかで、コリンは「歴史」のコトバ「発展」のコトバを使っているが、現在から眺めれば、「洗練」とか「地域」を使った方が、より広範な論が出来ると思った。


 ともあれ音楽好きには、必読な書であることに変わりない。

 彼は、実在を求めている。


[PR]

by ihatobo | 2017-09-08 09:59

『コリン・ウィルソン 音楽を語る』(コリン・ウィルソン著 河野 徹・訳 富山房 1964,1967→1970年)

 社会評論家ともいえるコリン・ウィルソンの音楽論集である本書、特にジャズについて書かれた第6章を読んだ。私たちがよくやるスタイル、つまり他ジャンルを論ずる文芸を比較して、対象を論ずるという方法を、彼もここで襲踏している。

 文芸ならば、相手は文字に書かれたものだから、論ずるに当たって、ひとつひとつ仮綴じが出来る。それを踏み台にして、論を進めることが出来る。帯にあるように「実在的音楽批判の試み…」を目指している、ということだ。


 
て、ジャズの取り巻き(製作者、録音技師、ディレクター、そして観客など)が自らの耳の記憶と、知識を持ち寄って、レコードやライブが成り立つのだが、実際はもっと複雑である。

 「敬服している作家に会うと…」大抵は失望してしまい、著者の人格とは別ものであることは、感性と知性が混然としたジャズにおいても同じであり、汗だらけのジャズメンの音は冷たく、カッコ良かったりする。


 ジャズが、いつの時代も若者から年寄りまでを魅了するのは、何故だろうか。若者は、それを“横溢感あるいは憂鬱感、ときには、その両方をリズムによって”表現するものだから、という。

 あるいは、前回までに述べた「袋小路」であるという。「袋小路」に魅力を感ずるとは、奇妙ないい方が、私には良く分る。追い詰められたネズミが、猫を噛むように、得体の知れない力が、ジャズにはある。

 そこでは、何をやっても構わない。私に誇りが、やって来るのである。


[PR]

by ihatobo | 2017-09-01 10:27