<   2013年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『ヒロシマ私の恋人』(マルグリット・デュラス ちくま文庫 1960年)

 前回の『ノア・ノア』は、愛の破局へ至る物語であるものの、「情報」の奪い合いのようにみえる現在の社会に対して、「実体」こそが豊かであると主張している。
 しかし、「実体」は遅い。とても。
 喫茶店を行き交う「情報」も、全部について対応していたら、アタマもカラダも疲れ果ててしまう。
 冒頭に置かれる“いいたまえ、何をみたまいしや”は、彼の作品「われらどこから来たのか?何物なのか?どこへ行くのか?」と対応している、と訳者はほのめかしているが、著者ゴーガンにしてみれば、私は何を理解しただろう、という問いであっただろう。
 さて、この問いの遠い谺が『ヒロシマ 私の恋人』(マルグリット・デュラス 1960年)に響いている。
 本書は翌年アラン・レネの監督によって映画化された。デュラスはその脚本を、監督、G・シャルロとの会話を経て書き、本書はそれにまつわるテキスト群を集めている。
 日本で公開されたタイトルは「24時間の情事」だが、その濃密なファースト・シーンが終わると、彼と彼女の会話が始まる。
「キミはヒロシマで何も見なかった。何も。」
愛の交換(実体)のように気持ちの入らないコトバが発声される。
「私はすべてを見たの。すべてを。」
女もまたコトバを発声する。三~四回同じ発声が繰り返されるのだが、その度に意味が静かに備わってゆく(ように観る者は感じることが出来る)
 映画は女の出演する映画の撮影が、ヒロシマで行われている、という設定である。戦争で、恋人の敵側兵士を失った女は、看護士としてヒロシマに赴任する。その地で建築家として政治にコミットもしている男に出逢い心惹かれる。
 静かな映画らしい映画である。音楽はジョダンニ・フスコとジョルジュ・ドゥリュルー。
 問いは問いとして残されたままだが、その後デュラスは変わることなくその問いを生きた。
[PR]

by ihatobo | 2013-08-31 08:46

『ラスト・タンゴ・イン・パリ』ベルナルド・ベルトリッチ(音楽ガトー・バルビエリ 1972年)

 学生時代、弟が京都に下宿していたので、一泊旅行に出かけた。夏である。
 出どころは不明だが、その頃の標語は「京都へ」であった。それは鈴木清順の『けんかえれじい』のラスト・カット「東京へ」の勝手な変換だったのかも知れない。あるいは雑誌で特集されたブルースの街、ということだったかも知れない。
 (寒山)捨得というライブハウスがあり、そこに出演していたブレイク・ダウン(時期的にはもう少し後75~77年頃)の噂も届いていたように思う。
 ゲーリー・ピーコックが禅の修行で滞在していたのもこの頃だ。
「ケッ、今日も暑いぜ!」というファーストシーンは、あるいは『東京流れ者』の方だったか、そんな時代だった。
 何しろ女の子を誘う口実には「映画に行かない?」が一般的、無難であった。
 さて、その頃に少ない情報をもとに女の子を誘ったのが本作である。
 場所は日比谷、封切館である。ハコのキャパがどの位だったか(調べれば分る筈だが……)よく出かけるいわゆる名画座、二番館ではない。そこに客が殆どいない。
(エッと思ったが)まだ動員力があった筈の、そのハコの最前列にふたりは座った。画面ではアムールなふたりが揉めたり、冷えたり、和解したりしながら、静かで凍りつく破局に向かって進んでいった。

 今回読んだのは『ノア・ノア』(ポール・ゴーギャン)と宮沢賢治の初期短編集『まなづるとダリア』
 東西の差、作品の年代、未発表、発刊経緯も異なるが、共にアムールを扱っている。主人公(作者)もまた破局へ向かうようである。

(お知らせとお詫び)
 今週日曜日、18日(語呂合わせでイーハの日)アナログ、CDをお買い求めになったお客様、当日は30%OFFの日でした。もし本ブログを御覧になりましたらお出かけ下さい。割引分を返金したく願っております。申し訳ありませんでした。
                              イーハトーボ 今沢
[PR]

by ihatobo | 2013-08-24 12:51

韓国の友人とKURAGARI展


 先日、韓国の友人が来店した。久し振りで、7~8年逢っていない。その間、一回だけ電話で話したがその時も「バイトして」だった。というのも、その7~8年以前に、彼は「下北沢の紹介MAPを作ってソウルで出版したい」といって私の店を訪ねてきたのだ。その時によく分る会話があり、私はシフトも考えずに「バイトしない?」と申し出た。
 お客様のカオを覚えない私は、今回も初め彼だとは気づかなかった。注文の品が、テーブルに運ばれてから暫くすると私は名を呼ばれた。
 声の質やリズム、間合いなどには敏感である。(ありゃ、この声は知ってると思い頭が回り始めた。)
 彼はソウルにいる間、ギャラリーをやっていて、現在はフリーのキュレイターで、展示やイベントを作っている。翻訳(ハングル⇔英語)もやっているらしい。そのギャラリーのパンフレット、DMなどを今回見せてもらったが、アレッと思う作品があり、話をしているうちに、彼は韓国のモダニズムの源流に興味を持っていることが分り、それならば私とて同じである。話は「近代」を焦点として盛り上がったのだった。
 私は彼が作った展示の中のある作品に魅かれ、丁度田附勝のKURAGARI展が六本木で始まる日だったので、彼の写真集を見せた。『デコトラ』『東北』と見せたのだが、ヒョンは『デコトラ』に激しく反応し、私は田附を彼に紹介することになった。
 しかし、聞いてみると、ギャラリーも作家の経済も、写真という装置、喫茶店も共に「近代」である。厄介である。
 この『デコトラ』には当時私も激しく反応し、発表記念パーティーにも出かけた。その時の楽しさ、気持ち良さも紹介したいところだが、今回はそのデコトラ(デコレイション・トラック)のそもそもを、私なりに述べておきたい。
 彼らは運送業者である。そして、仕事柄迅速、確実が仕事の評価である。
 しかし、時に無茶な依頼もあり、来た仕事をこなす為に、能力を超えて事故を起こす事がある。そうしたアクシデントを忘れない為に、記念を車内に飾った。加えて、他業者へ威信を示す意図で外壁をペイント、電飾した。それが私たちの店の掲示物と同じだ、と私は感じたのだ。
 そのトーク・イベントで朴訥と語る彼らの慎ましさと力強さに私は痛く感動した。
 そんな話もヒョン君に語ったのでした。
[PR]

by ihatobo | 2013-08-10 18:10

『生物と無生物のあいだ』(福岡伸一、講談社現代新書、2007年)

大きな書店の新書コーナーに行くと、『ふしぎなキリスト教』『社会を変えるには』と本書が並んで平積みになっていることが多い。しかしそうした社会科学系の本と違って、自然科学系の読み物は、そのページを開くのにすこし覚悟がいる、というか背筋を伸ばす必要が有ると思う。そのため腰が上がらず、かなり長い間積ん読になっていた。

しかし、読み始めると面白く、するすると終わりまで行ってしまった。生命は動的平衡をもつ流れであること、直感的にも容易に理解できる。(ゆく河の流れは絶えずして しかももとの水にあらず)またワトソンとクリック、フランクリンの逸話に関してはまったく無知であったが、"巨人の肩の上に立つ”研究の在り方を改めて認識し、居住まいを正すに至った。

読了したその次の日、Googleのトップページがロザリンド・フランクリンであった(生誕93周年)。偶然と、キュートなイラストに、思わず顔がほころんだ。

(文:スタッフO)
[PR]

by ihatobo | 2013-08-02 00:10 | 本の紹介