<   2012年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

[東京プリズン』 赤坂真理(河出書房新社)

 ノンビリと“歴史”小説、“時代”小説を探っているうちに、痛快ヒット作が出ていた。
 私たちの店にはドイツから毎年店番にやってくるスタッフがいるのだが、今年は来るなり坂口恭平原作、いとうたかお主演の映画『MY HOUSE』(企画、監督、脚本協力 堤幸彦)を「観に行きませんか?」と誘われた。
 坂口恭平については、新聞でインタビューを読んでいたので、興味があった。
 いとうたかおについても82年製作の『スロー&スルー』を私は店で売った。(例によって30年間まだ在庫がある、新品、一枚だけ)
 早速映画館に問い合わせたが、既にフィルムは東海、中京地区に回っていた。(7月下旬首都圏でも上映される)
 さて、本書の内容だが、よーく自分の周囲を見回してみれば、この現在、現実の世界にひっそりと“前近代”が息づいている。ということを、類書のようにロマンチックに構想するのではなく、建築家である著者が、土地、建物、所有権、等の問題を本質的に組み替える、その具体的な方法、手続きを紹介した実践記である。
 明快であり、じっくりと検討し、腰を据えて読むべき“実用書”である。タイトルは『独立国家のつくりかた』(講談社、現代新書)
 
 今回はもう一冊、赤坂真理の『東京プリンス』(河出書房新社)を読んだ。
 とはいっても背景を作っている参考資料を読んでいる訳ではないので、精読とはいえない。単純な印象記である。
 メインテーマはTENNOUである。ヤバイ。
 この物語の主人公のように、現在、現実の存在?制度?として「天皇」のことを考えたことは、もちろんない。
 が、かといって知らぬふりを決め込むのも情けない。
 そのように主人公は考えるのだが、私もそこに感情移入して読んだ。
 現在、現実の近代国家には、共和制、王制の他に立憲君主制を採用する国家形態がある。
 英国や日本がそれであり、「主権在民」は共和制と同じだが、その国を旧来統治してきた王が、そこに共存して社会システムを作っている国がある。
 その下で、赤坂はその近代の「個」の問題を突き詰める方法で物語を作ってゆく。
 「人間、男と女と役者」は『リア王』のセリフだが、その役者を“仮面”を被った“個人”(ペルソナ→パーソナリティー)としてみたり、「個」は無数のバリエーションで語られる。
 ――私は今、私の顔を見ることが出来ない。
 それは仮面を着けているのと大してちがわない。
 禅のようでもあり、ヴィトゲンシュタインのようでもあり……
――逆にいえば、一度にひとつを拾うしか出来ない。それが肉体を持つということの意味、個という意味……
 贄、通訳、発語、セリフ、記録……魅惑的なコトバが文脈を作ってゆく。
 本書はファンタジックでありながら「事実」が淡々と語られてゆく。
 思い当たるコトバが満載である。
[PR]

by ihatobo | 2012-07-28 19:58

『半生の記』 藤沢周平

 そういえば去年もカラ梅雨で、六月一杯は肌寒い日さえあった。
 今年は強い勢力を持つ台風がふたつも上陸したが、東京は幸い被害は軽かった。
 しかし、七月になって、ある朝を境に夏がやって来たのも去年の通りである。
 冬が激しく寒く、夏は酷暑という、メリハリと呼んでいいのか、二年続いているこの温度差に、まだ慣れない。
 司馬が”歴史”小説ならば、少し年下の藤沢周平は”時代”小説の作家といわれる。
 しかし、それは商売上の便宜な呼び名で、例の大衆(通俗)、純文学のように、小説の中身とは関係がない。
「本好き」の吉野朋美は、オヤジは”時代小説”が好き、というが、彼女のメッセージは「本が好き」ということに尽きる。
 更にいえば、本のカタチを採っていれば、何でもいいのである。私もそのポイントだけは共有している。
 藤沢は27年山形、鶴岡に生れ、第二次大戦中に青春期を過ごした。
 『私の半生』(文春文庫)を見ると、経歴や作家像というよりも、戦後を生きた生活者という印象が私には残った。
 彼の作品本体を垣間見てはいたが、どうも何がメッセージされているのかが把れなかった。
しかし、生活信条がいわば御破算になってしまった戦後の”混乱”を彼は真当に生きた。
 「小説家になろうとは思いもしなかった」彼は、山形師範を卒業し、教師を目指すが、入院、療養生活もやがて体験、その一方でも平行している。つまり、そうした青春期の、今度は彼自身の混乱を、文筆のなかで秩序立てて行った。
 私にはそれがとてもよく分った。
 “時代”小説は、だから真当な日々が「あった」筈だ、という予感の下に、そのいわば”虚構”を受け継ぐ意志のようなものだ、と私は合点した。
 その意志によって開かれた枠組みは、ファンタジーに似て、人の気持ちや行為の細部の記述に適している。
 晩年の『夜消える』(95年)を読むとそれが分る。
 藤沢は人の社会性を背景に退かせておいてから、人と人、親と子、近隣、縁者とのエピソードを通じて、逆に社会や歴史、時代までをも浮かび上がらせてゆく。
 本作は単刊本末収録の短編を集めているが「遠ざかる声」は死者との会話を通じて、存在ではない命の実相にまで降りてゆく美しい文である。
 私たちの世代では、この世界は白戸三平、つげ義春らの“戯画”として認識していたが、解説の駒田信二がいうように、そこを文で綴っていたのを、今更に気づかされた。
 私たちの店の日常のある場面がそういう風に社会、世界に連なっている、と実感できることがあるが、それは文にはならない……。
[PR]

by ihatobo | 2012-07-12 22:08