<   2009年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

手に負えない本――J.G.バラード『スーパー・カンヌ』

時節柄、その内容を聞き、友人に本作を借りて読んだ。一読して「何だか嫌な感じの午後」になりそうだったので、端折りながら恐る恐るページを繰った。

「衝動的な行動だけが人生に意味を与える」と考えている主人公の妻と「今の世の中、心理学がすべてだと思っている」副主人公の間を右往左往する主人公という設定の物語で、作家は30年生まれの英国人J.G.バラード。本作発表時には70才である。

More
[PR]

by ihatobo | 2009-02-09 23:29 | 本の紹介