<   2008年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

青春のような本 #2

佐藤竜一『宮澤賢治――あるサラリーマンの生と死』(集英社新書、2008年)を読んだ。

本書は「建築仕上げ技術」(工文社)への連載をまとめたもので、この月刊誌は建築用資材の専門誌である。それを読んでみようと考えたのは、ここで辿っている“青春”とその後の身の振り様がこの本に述べられていると思ったからだ。

というのも私が賢治の青春とその後にまとまった感想を持つことができなかったからで、本書によってようやく私なりに納得のゆく彼の生涯を捉えたように思えた。

More
[PR]

by ihatobo | 2008-11-25 13:52 | 本の紹介