『カラスの双眼鏡』(松原始 ハルキ文庫 17年3月)その1

 カラスが特に好き、という訳ではないが、気になるので本書を買ってきた。5月も末になると、夜が明けてくるのが早い。私は夜に一度トイレに起きるのだが、その頃、丁度カラスが鳴くことが多い。本書によると、カラスの行動範囲は都心で100~200ヘクタールだという。
 大概、巣を中心にペアが、その範囲を飛び回る。今、時季は卵が孵って(かえって)、小ガラスが巣立つ。メスが卵を産み、温める。しかし、じっと巣にいるのも疲れるらしく、代わりに気晴らしの間、オスも温めるらしい。それが不公平だ、ということで、オスはせっせと食べ物を集めて回り、メスを養う。営巣(えいそう)もオスの役割である。

 前回のツグミの子育てでは、雌雄(しゆう)の役割までは分らなかったが、カラスが そうならばツグミも同様なのだろう。その知識で、改めて巣を観察してみると、片や無言で巣に入り出てゆくが、もう片方は巣を出る際に「ギァーッ」と高い声を残して飛び去る。
 カラスの方は巣を探してみたが見つからず、雌雄の区別は定かではない。しかし、カラスの場合、鳴き声が異なるのに以前から気づきオトナとコドモの差ぐらいに思っていたが、本書によると種類が異なるらしい。
 私が「ギャーッ」と嗄れた(しわがれた)声をオトナと考えたのはハシホソカラスで、「カァー」と澄んだ高い声の方がハシフトカラスだそうである。ハシフトカラスが一般の認識と一致している訳だ。より詳しく表記すると、ハシホソの方はマンガにある「あ」に濁音を付けた感じである。

 と、まぁ、著者は好きというのではないにしろ、トニカク詳しい。
 まだ半分までしか読んでいないが、夜明けに聞く鳴声を教えている私にとって、色々と合点のいく報告があり、今回は個人的な興味を持ってグングン読んだ。先が、楽しみである。(つづく)
[PR]

by ihatobo | 2017-05-26 10:44