『しみ』(坂口 恭平 毎日新聞社 2017)

 本書著者は、5年程前に『独立国家のつくりかた』(講談社現代新書)を発表し、私は井上ひさしの『吉里吉里国』みたいだなと想像して読み、驚いた。物語 / 小説からは遠く離れ、極めて具体的、実用の書だったのだ。

 その時は幾分、うしろめたくコッソリ本ブログに紹介したのだったが、今回は逆に小説 /物語である。紹介するにヤブサカではない。

 坂口は有名大学を出た建築家だが、住環境を考える余り、地域一帯を都市計画する、都市建設家として前記作品を発送したらしい。12年の新聞記事では、そう述べられている。(東京新聞 7/3 夕刊)

 ともあれ、そうした建築家の活動と、必然的に都市計画を含む構想を持って今日まで来たのだが、それは自治体規模の大事業である。私は、そうした経緯を今一度コトバにしておこうと、彼は考えたのではないか、と思う。

 行の端々に、自らの経歴と建築の情熱を語り、思考したイメージを主人公に語らせている。しかし、本作は小説 / 物語であるために、それを登場人物や設定、客観的な目を持つ外国人に託している。そして、それらの人や物や建物、自然が語り合う。

 そのために、本作は各々の場面が速い。静止した場面でも、速い。私が今までに読んだ小説でいえば、文学の革命運動の痕跡として残された、ビートニックの諸作に近い。ヘンリー・ミラーに始まる、それらの文学?は、“流れる”ように速い。

 ということは、そこに溜まっている建物を、彼は造るわけだから、そこに居て眺める場面に応じて、彼が千変万化している、ともいえる訳だ。本作は、主客や時間の順序、距離が目まぐるしく変化する。ストーリーを追って読んで行っても迷路に入ってしまう。

 そこには、飛躍も現れるが、それ故に怠屈しない。

 おもしろい話である。


[PR]

by ihatobo | 2017-07-29 05:29